Twitterで見かけた"母ちゃんの言い間違え"がじわじわ来る


母と言えば強くもあり、ちょっととぼけたところもあり面白い存在

仕事で疲れた時など、母親からもらったひと言でほっと癒されるという方は多くいると思います

しかし癒しばかりではなく、時には笑いも提供してくれるのが母親のいいところ

▼そんな母の言い間違えがじわじわ来る

芸能人の名前はちゃんと覚えられない

母、芸能人とかの名前をアヤフヤにしか覚えられない。バナナマン日村さんの名前が出て来なくて、絞り出して出て来た答えが『日傘』で爆笑したわ…

母が「いくたとうま」を「生きたトーマス」に言い間違えして腹がよじれるくらい笑ったw

大昔から何でも微妙に間違えて覚える癖のある実家の母に、案の定「ベッキーと究極のクズの人のフリンが…」と話を振られたが、「クズの極致(極み)」と間違うだろうと予想していたので、内心「ちっ、ニアピンか…」と思った。

父「関口メロンディーだろ」
母「メロンディー?誰?ハーフ?」
口をロとして2回よむそして間違えて覚える。。。

なぜかジャスティンビーバーは間違えがち

母様が、ジャスティンフィーバーって、かってにフィーバーさせんなや、爆笑

ジャスティンビーバーを
ダスティンフィーバーっていう母

母の絶妙な言い間違えの多さ。ジャスティンフィーバーって誰や

でた。また私の母がお馬鹿発言を!

ジャスティンビーバーのことをさらっと
「ジャスティンフィーバー」って言ってた。
フィーバーしてどうすんだよ✋www

#ジャスティンビーバー
#おバカ #母強し #ボケ
#言い間違え #ギャグ
#フォローした人全員フォローする

カタカナにめっぽう弱い

そういやうちの母がカタカナを間違えて覚えるから困る。ナムルだっつーのナルムて何

必ず名前や歌詞を一文字間違えて覚える母が「ララランド」を「ラララランド」って言ってました。

私の母はカタカナに弱い。
基本的に3文字以上のカタカナは覚えられない。
さっきモスキート モスキートって言うから何の話かと思ったら、お酒のモヒートのことだった…笑
モスキートだったら、蚊。

カタカナに弱いうちの母はデビューの表記がわからず「デブューって書くっけ?」とか言ってきました

母の言い間違えの破壊力が割と凄まじい。

塔の上のラプンチョ

色々と前提がひっくり返る間違えもある

母の言い間違え

「兄ちゃん嫁にいったらさ…」

兄ちゃん嫁にww

母の言い間違え
大阪+京セラ=大瀬良

自宅に帰って参りました。
帰るなり
「おかえり〜あけおめ〜友ちゃんのオクラととっるよー♪」
オクラ??
2017年も母の言い間違えは続きそうです。 pic.twitter.com/cqEYBkieRe

-未分類