Twitter民の心に響いた『誰かの言葉』が有益、かつ感動的。。


◆『元同僚のおばちゃん』の言葉

誰を信じていいか分からなくなったときは元同僚のおばちゃんの「私は誰に何言われても平気!!!今日ね、孫にトンカツ揚げるの!!!誰が私を何て言おうが私は孫にトンカツ揚げなきゃいけないわけ!!!!誰も私を止められないの!!!!アンタもそうやって生きていきな!!!」を思い出す

◆『老年の上司』の言葉

老年の上司が教えてくれた事、口癖があるんだけど
「30秒の確認と3時間の手直し、どっちがいい?」

この言葉は凄く感銘を受けているので広めたい。

◆『夫』の言葉 【2選】

夫が用事から帰ってきて「今日は何してたの?」と聞くので、「何もしなかったよ」と答えると、「それはよかったね。休めたでしょー」と。
長女に「宿題いつするの?」と聞いて、長女が「後で!」と答えると、「偉いな、やる時間自分で決められて」と。
どのボールも褒めて返す夫。

今朝、夫から凄く良い言葉を聞いた。
子供がモタモタしてる時、やらんで良いことやってるーって思う時、手元を見るからイラつくんだ。でも顔を見るとね、目を見るとね、とても集中してやってるんだよ。一生懸命なの。だから顔をみてるといくらでも待てる、と。

◆『長女』の言葉

長女「ママは、何か不安なときに難しく考えすぎだよ。軽ーく考えて、目標を低く持ったらいいんだよ。懇談会でひとりぼっちになるかもって不安だったら、誰か1人にこんにちはって言えたらそれで成功だってぐらいハードル下げたら良いんだよ。」私「ためになります・・・」

◆『長男』の言葉

小4の長男が「イケメンでモテモテの人生はもう諦めた」と言い出したので、ちょっと申し訳ない気持ちになりつつ「どんな人生を?」と今後の展望を問うたら「よく女子の相談にのってるから、この調子で頼りにされてイケメンの取りこぼしを狙いたい」とのこと。10年しか生きてないくせに妙に小賢しい。

◆『幼稚園の園長先生』の言葉

幼稚園の説明会で園長先生が「お弁当は手作りじゃなくっていいんです。買ってきたやつをその子のために詰め替えるだけで心は、愛情はこもります。子供が好きだから買って来て入れてあげようっていう愛情ですよ」って言ってて、あー手作りじゃないって悩むお母さんたちに届けって思った。

◆『とある先生』の言葉 【2選】

高校の卒業文集に、ある先生が「他者の否定の上に成り立つ自己の優越は偽りである」と書いていたのをいつも思い出す。誰かの名言?と思っていたけど、その後、聞かないので、その先生の言葉なんだろうか。その言葉を伝え続けるだけで、先生の給料もらっていいと思う

授業に遅刻して来た男子がその授業受け持ってるおじ様先生に「サーセンwww遅刻しましたwww」って言ったら「俺はお前の笑顔見るために学校来てるんだから、お前が遅刻したら俺が来る意味ないだろ」って微笑みながら言い放ったおかげで当の男子赤面してるし教室内に薔薇が降り積もる錯覚見てる

◆『恩師』の言葉 【3選】

死にたくなったらまず寝ろという恩師の台詞も正解だったけど、死にそうなほど退屈したら、カメラを持って街を歩け、と教えてくれた先輩の台詞も忘れられない。外の世界に対する感度を意識的にでもいいから自力で引き上げて感性を守った方がいいと教えてくれた。この感性の自衛の考え方がすごく好きだ。

自分には恩師は3人いるが、鬼顧問の『しんどいことを笑顔でやれ!』も、以前縁があった上司の『しんどいときでも真顔で』も、人格者の『しんどかったら、たまには顔に出せ』も、どれも心に響いたし、どれも真理を含んでいるが、隣に居る溜息ばかりつく同僚の「あーしんど」はかなりウザい。

-未分類