Twitter民の経験した『一瞬の刹那!な出来事』に纏わる面白ツイートご覧ください

2017/02/25


その瞬間、ツイッタラーにそれは起こった!

”いってきますっ!”

●『実家』

妻の実家に着くなり、ふざけて「おぉ~い!帰ったぞぉ!飯だ!め~し~!」って腹から絞り出した声で叫んだら、出かけてるはずの義理の母が現れて「あら?早かったのね。遠い所ご苦労様ね。」って妻にだけ語りかけて一瞬も俺を見なかった。後で説明するの面倒臭いわ。

●『野菜』

いいおっさんなのにキャベツとレタスと白菜の区別で一瞬考えるのやめたい

●『上司』

約一年かけて餌付けした野良猫にひっかかれ、右手に包帯を巻いている上司が「いいかー!信頼を得るには大変な労力と時間を要するが、崩れる時は一瞬だぞー!!」と私達に向かって言っている。

●『オンリーワン』

電車で「ナンバーワンになれなくてもオンリーワンになる事が大事」って歌詞のまましたり顔で彼女に語る高校生に「ナンバーワンは一瞬でもなれたら達成だけど、オンリーワンはその分野で誰にも真似されない才能や功績を持つって事だよ。オンリーワンの方が難易度高いよ」と言ってあげたいし彼女可愛い。

●『昼休み』

昼休憩、Twitterを見たり漫画を読んだりして過ごすと一瞬で終わってしまって悲しいから今日は何もせずに空を見てた。一瞬で終わった。

●『嵐』

なんか嵐が来るって言うから(妻が)今日出したばっかりの鯉のぼりを(妻が)一旦しまったので嵐、ちゃんと来て欲しい。一瞬でもいいから。じゃないと(妻が)荒れるんすよ。

●『スカート』

そういえば昨日散歩してたら向い風でスカートがバッサアッと翻るのもお構いなしにパンツ全開で自転車で僕の横を駆け抜けて行ったお姉さんがいて、あまりの大胆さに一瞬で惚れてたらその少し後ろを坊主頭の男子高生がどこまでもついて走ってて、めっちゃ殺意湧きました

●『殺伐』

息子の運動会にきているのだが、撮影スペースの前の方に日傘をさしたご婦人が登場したため、場の雰囲気が一瞬にして殺伐としたものになった。

●『怒り』

怒りがいつまでたってもおさまらない人すごい。むっちゃポジティブ。私だったら一瞬で悲しみに変換されて「もうだめだ…アイス食べたい…」ってなる。

●『ドラゴンボール』

-未分類